私達が愛する九州を揺るがした熊本地震。その後皆様いかがお過ごしでしょうか。多くの犠牲者と被災者にお見舞い申し上げます。
    8月11日Vientoリサイタル「ガレキの城」終了しました。多くのご来場ありがとうございました。

006-001006-002

リリース:2007年6月14日 価格:2,000円ico-cd

Vientoの6作目になるアルバムのメインテーマはJNN九州沖縄7局ネット「新・九州遺産」。

ban content011 n

1曲目の『海の道を渡れ』から5曲目『波濤を越えて』まで、海道を渡るスケール感の曲にあふれる。

『一支国』は日本と大陸の交流拠点、長崎県壱岐の島をテーマにした曲。

『星空は舞踏会』は『ありが10ぴき』と同じく、ソプラノリコーダーで演奏される。

『炎上』はアルバム「風の絵巻」からリメイクされての再収録。西南戦争で燃え落ちる天守閣をイメージした迫力のある曲で、緊張感あふれる演奏が最初から最後まで続く。

『花』はViento初期の頃からよく演奏されてきた喜納昌吉の名曲。第二作「風の音楽」以来の再収録。

アルバムの最後は大陸の雰囲気が音色から伝わってくる『挽歌』で締めくくる。

1 海の道を渡れ
2 落葉の踊り  
3 九州大陸紀行~JNN九州沖縄7局ネット
「新・九州遺産」テーマ曲
4 旅の風~JNN九州沖縄7局ネット
「新・九州遺産」サブテーマ曲
 
5 波濤を越えて
6 桜の唄  
7 一支国  
8 カルナバレアンド  
9 星空は舞踏会
10 ツクシイバラ  
11 炎上
12  
13 挽歌